ヒスイが日本の国石になりました

ヒスイの産地 小滝川ヒスイ峡

日本を代表する石、すなわち「国石」は、これまで正式に決められていませんでした。
2016(平成28)年9月24日、金沢大学で開かれた日本鉱物科学会の総会で「国石」の投票が行われ、花崗岩、輝安鉱、自然金、水晶、ヒスイの最終候補のなかから、糸魚川ゆかりのヒスイが選ばれました。

※糸魚川ジオパークは、地域の伝統と法に基づき、資源等の保護を推進しています。

ヒスイ(翡翠)とは

地球の表面をおおう巨大なプレートの沈み込み帯にしかない岩石「ヒスイ(翡翠)」。
プレートの沈み込み帯にある日本列島には、いくつかのヒスイ産地がありますが、その中でも糸魚川は国内随一の質と量を誇ります。
はるか昔から、私たちを魅了してきたヒスイ・・・その特徴について紹介します。

① 世界で最も古いヒスイ!

糸魚川のヒスイは約5億2000万年前にできたもので、「世界最古のヒスイ」といわれています。

② こちらも世界最古!ヒスイ文化発祥の地

糸魚川では、今から5,500年ほど前の縄文時代から、ヒスイを大珠やまが玉などの装飾品に加工して交易していました。メソアメリカ(現在のメキシコ周辺)のヒスイ文化は約3,500年前であり、日本は世界最古のヒスイ文化発祥地といわれています。

③ 透明度が高くてキレイ!

日本国内には、糸魚川以外にもヒスイ産地があります。たとえば、鳥取県若桜町では紫色のラベンダーヒスイ、長崎市の琴海では灰緑色のきれいなヒスイがみつかりますが、宝石になる良質なヒスイが多くあるのは糸魚川だけです。

④ 新しい鉱物を発見!

地下深くからもたらされるヒスイには、希少な鉱物が含まれていることがあります。これまで、ヒスイを含む岩石のなかから、「糸魚川石」「蓮華石」「松原石」などの新鉱物が発見されています。

詳しくはこちら(フォッサマグナミュージアムホームページへ)

ヒスイの色

緑色がポピュラーですが、糸魚川のヒスイには白色、ラベンダー色、青色、黒色などがあります。外国では、赤色やオレンジ色のヒスイも発見されています。ヒスイをつくる主な成分はケイ素、アルミニウム、ナトリウムで色は白になりますが、鉄やチタン、クロムなどが含まれると色が変わります。

ヒスイを学ぼう

ヒスイやヒスイ文化を学べる施設を紹介します。

チラシ(ダウンロード)

記念グッズ等

国石となったヒスイをPRするため、ポスターや缶バッジを作りました。缶バッジは1つ100円で、フォッサマグナミュージアムのショップ等で販売しています。また、北陸新幹線糸魚川駅の自由通路にタペストリーを付けました。お近くにお越しの際は、ぜひご覧ください。

ヒスイ~フォトギャラリー

年賀状や名刺などにご利用いただけるヒスイの写真集です。
ファイル形式は[JPEG]です。ご希望の写真を選び、拡大画面で右クリックし、「名前を付けて画像を保存」でダウンロードしてください。
なお、画像データを使用する際は、必ず次のクレジットを入れてください。

「日本の国石ヒスイ 写真提供:糸魚川市」

※このほかの使用条件や免責事項は、フォトギャラリーページでご確認ください。